歎異抄を読む

第17章

要約

「浄土の辺地に往生した人は、やがて地獄に堕ちねばならぬ」という邪義を嘆き、正したもの。

原文

辺地の往生を遂ぐる人、ついには地獄に堕つべしということ。この条、いずれの証文に見え候ぞや。学匠だつる人の中に言い出さるることにて候なるこそ、浅ましく候え。経・論・聖教をばいかように見なされて候やらん。
信心欠けたる行者は、本願を疑うによりて辺地に生じて、疑いの罪をつぐのいて後、報土のさとりを開くとこそ承り候え。
信心の行者少なきゆえに、化土に多くすすめ入れられ候を、「ついにむなしくなるべし」と候なるこそ、如来に虚妄を申しつけまいらせられ候なれ。

  • ※11章から18章まで批判されている邪説は、今日はあまり耳にすることのないものが多いので、意訳は割愛し要約のみを掲載した。