歎異抄を読む

奥書

意訳

この『歎異抄』は、浄土真宗の大事な聖教である。仏縁浅き人には、誰彼となく拝読させてはならぬものである。
釈蓮如
» 続きを読む

流罪にまつわる記録

意訳

後鳥羽上皇の御代に、法然聖人が他力本願念仏の一宗を興宣された。
南都の興福寺の僧たちが、それを憎み、「仏法の敵」と朝廷に直訴した。
法然上人の弟子に風紀を乱す不埒者がいると、事実無根の噂を並べ立てたため、遂に罪に処せられた人と数は、以下の通りである。
一。法然聖人とお弟子7人が流刑、また、お弟子4人が死罪に処せられた。
法然聖人は、土佐国の幡多という所に流刑。罪人としての名は藤井元彦男と言われた。76歳であった。
親鸞は、越後国に流され罪名は藤井善信、35歳だった。
浄聞房は備後国へ、
澄西禅光房は伯耆国へ、
好覚房は伊豆国へ、
行空法本房は佐渡国へ流された。
同じく、幸西成覚房と善恵房の2人も流罪に決まっていたが、無動寺の前代大僧正慈円が身柄をあずかったので流刑は免れた。
遠流になった人々は、以上8人であった。
死罪に処せられたのは以下の人々である。
1番は、西意善綽房、
2番は、性願房、
3番は、住蓮房、
4番は、安楽房。
これらは「二位の法印」とよばれた尊長の裁きによる。
かような擯罰を受けた親鸞は、もう僧でもなく俗でもないから、破戒僧の異名とする「禿」の字をもって姓とし、朝廷に奏上した。
その上申書は今も外記庁に納まっているという。
かくて流罪以後、署名はいつも、愚禿親鸞と書かれるようになったのである。
» 続きを読む

後序

意訳

以上あげた邪説はすべて、主張者の信心が聖人の信心と異なっていたからだと思われる。 » 続きを読む

第18章

要約

「仏法に供養する金品の多少によって、死後、仏のさとりを開いた時、大きな仏になったり小さな仏になったりする」という邪義を嘆き、正したもの。

原文

仏法の方に施入物の多少にしたがいて、大・小仏に成るべしということ。この条、不可説なり、不可説なり。比興のことなり。
まず仏に大・小の分量を定めんことあるべからず候や。かの安養浄土の教主の御身量を説かれて候も、それは方便報身のかたちなり。法性のさとりを開いて長短・方円のかたちにもあらず、青・黄・赤・白・黒の色をも離れなば、何をもってか大小を定むべきや。念仏申すに化仏を見たてまつるということの候なるこそ、「大念には大仏を見、小念には小仏を見る」といえるが、もしこの理なんどにばし、ひきかけられ候やらん。
かつはまた檀波羅蜜の行とも言いつべし。いかに宝物を仏前にもなげ、師匠にも施すとも、信心欠けなばその詮なし。一紙半銭も仏法の方に入れずとも、他力に心をなげて信心深くば、それこそ願の本意にて候わめ。
すべて仏法に事を寄せて世間の欲心もあるゆえに、同朋を言いおどさるるにや。

  • ※11章から18章まで批判されている邪説は、今日はあまり耳にすることのないものが多いので、意訳は割愛し要約のみを掲載した。

第17章

要約

「浄土の辺地に往生した人は、やがて地獄に堕ちねばならぬ」という邪義を嘆き、正したもの。

» 続きを読む

第16章

要約

「弥陀に救われた者は、腹を立てたり罪を犯したり、法友と口論した時などは、必ず廻心懺悔するようにならねばならぬ」という邪義を嘆き、正したもの。

» 続きを読む

第15章

要約

「信心を獲得したということは、煩悩具足のままで、この世でさとりを開くことだ」という邪義を嘆き、正したもの。

» 続きを読む

第14章

要約

「1回の念仏で、80億劫の重罪が消えると信じて、一声でも多く念仏を励まねばならぬ」という邪義を嘆き、正したもの。

» 続きを読む

第13章

要約

「どんな悪を犯しても助ける弥陀の本願だからと、少しも悪を怖れない者は、本願ぼこりで往生できない」という邪義を嘆き、正したもの。

» 続きを読む

第12章

要約

「仏教の大事な経典や釈文を勉学しない者は、弥陀の浄土へ往生できない」という邪義を嘆き、正したもの。
» 続きを読む

第11章

要約

『誓願不思議』も『名号不思議』も、同じ弥陀の願力不思議のことなのに、「お前は誓願不思議を信じて念仏するのか、名号不思議を信じて念仏するのか」と、殊更に問題視し人々を惑わした邪義を嘆き、正したもの。

» 続きを読む

別序

原文

そもそもかの御在生の昔、同じ志にして歩みを遼遠の洛陽に励まし、信を一つにして心を当来の報土にかけし輩は、同時に御意趣を承りしかども、その人々に伴いて念仏申さるる老若、その数を知らずおわします中に、聖人の仰せにあらざる異義どもを、近来は多く仰せられおうて候由、伝え承る。いわれなき条々の子細のこと。
» 続きを読む

第10章他力不思議の念仏、を言われたもの

原文

念仏には無義をもって義とす、不可称・不可説・不可思議のゆえに、と仰せ候いき。
» 続きを読む

第9章念仏すれど喜べない
   ──唯円房の不審に答えられたもの──

原文

「念仏申し候えども、踊躍歓喜の心おろそかに候こと、また急ぎ浄土へ参りたき心の候わぬは、いかにと候べきことにて候やらん」と申しいれて候いしかば、
「親鸞もこの不審ありつるに、唯円房、同じ心にてありけり。よくよく案じみれば、天におどり地におどるほどに喜ぶべきことを喜ばぬにて、いよいよ往生は一定と思いたまうべきなり。
喜ぶべき心を抑えて喜ばせざるは、煩悩の所為なり。しかるに仏かねて知ろしめして、煩悩具足の凡夫と仰せられたることなれば、他力の悲願は、かくのごときの我らがためなりけりと知られて、いよいよ頼もしく覚ゆるなり。
また浄土へ急ぎ参りたき心のなくて、いささか所労のこともあれば、死なんずるやらんと心細く覚ゆることも、煩悩の所為なり。
久遠劫より今まで流転せる苦悩の旧里はすてがたく、いまだ生まれざる安養の浄土は恋しからず候こと、まことによくよく煩悩の興盛に候にこそ。
名残惜しく思えども、娑婆の縁つきて力なくして終わるときに、かの土へは参るべきなり。急ぎ参りたき心なき者を、ことに憐れみたまうなり。
これにつけてこそ、いよいよ大悲大願は頼もしく、往生は決定と存じ候え。
踊躍歓喜の心もあり、急ぎ浄土へも参りたく候わんには、煩悩のなきやらんと、あやしく候いなまし」と云々。
» 続きを読む

第8章他力の念仏、について言われたもの

原文

念仏は行者のために非行・非善なり。
わが計らいにて行ずるにあらざれば非行という、わが計らいにてつくる善にもあらざれば非善という。
ひとえに他力にして自力を離れたるゆえに、行者のためには非行・非善なり、と云々。
» 続きを読む