歎異抄を読む

第8章他力の念仏、について言われたもの

原文

念仏は行者のために非行・非善なり。
わが計らいにて行ずるにあらざれば非行という、わが計らいにてつくる善にもあらざれば非善という。
ひとえに他力にして自力を離れたるゆえに、行者のためには非行・非善なり、と云々。

意訳

称える念仏は、弥陀に救われた人には「行」でもなければ「善」でもない。非行・非善である。
自分の思慮で称える念仏ではないから「行」とは言えない。ゆえに非行という。また、自分の分別で称える念仏ではないから「善」とは言えない。ゆえに非善という。
まったく弥陀のお力で、私の計らい離れた念仏だから、称える人には「行」でもなければ「善」でもないのである、
と聖人は仰せになりました。