歎異抄を読む

第10章他力不思議の念仏、を言われたもの

原文

念仏には無義をもって義とす、不可称・不可説・不可思議のゆえに、と仰せ候いき。

意訳

念仏には、計らい無きことを謂れとする。
自力の計らい尽きた、他力不思議の念仏は、言うことも説くことも、想像すらもできない、人智を超えたものだから、
と聖人は仰せになりました。