1. トップページ > 
  2. 歎異抄とは

歎異抄とは

なぜ、善人よりも悪人なのか。

なぜ、この世に、まことは一つもないと断言できるのか。

『歎異抄』には、親鸞聖人の衝撃的な言葉が、数多く記されています。それは、世界の哲学者・文学者にも多大な影響を与えたものばかりです。

『歎異抄』の謎が解けた時、私たちの幸せ観、人間観、仏教観は、一変するでしょう。

『歎異抄』とは

大災害、戦乱の中から、何度も立ち上がってきた日本人の心の支えは、『歎異抄』にあった

 
地震、洪水、飢饉、戦乱、大火……。

親鸞聖人の800年前は、生きる不安の絶えない時代でした。

人間とは?

命とは?

幸せとは?

苦しみ悩む人々へ、親鸞聖人の答えが記された書、それが『歎異抄』です。

「人類みな兄弟であり、上下などまったくない」

「善人でさえ浄土へ往生できる、まして悪人は、なおさらだ」

「この世のことすべては、そらごとであり、たわごとであり、まことは一つもない」、親鸞聖人の言葉は、衝撃的です。

そして、絶望的な状況にあっても、

「冷酷な運命に甘んじて従うのではなく、自ら未来の幸せの種をまくことができる」

と強く押し出すメッセージが、日本人の精神的な支えとなり、幾多の災害、戦乱の中から、立ち上がらせてきたのです。

平成23年、日本は、未曾有の大震災に襲われました。今も、混乱のただ中にあります。

たとえ建物のガレキを取り除くことができても、心の不安はなくなりません。

そんな今だからこそ、日本人に生きる力を与えてきた『歎異抄』を開いて、人生を見つめ直してみませんか。

誤解に満ちた歎異抄

善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや。
(善人でさえ、浄土へ生まれることができるのだから、ましてや悪人は、なおさら往生できる)

これは『歎異抄』3章の一節である。日本の古典で、もっとも知られる一文だろう。 » 続きを読む

『歎異抄』の構成

『歎異抄』は18章からなる。
1章から10章までは、親鸞聖人の直のお言葉を、そのまま記したものとなっている。
11章から18章は、その聖人の教えを依憑として、当時流布していた異説の内容と誤りを、『歎異抄』の著者が正したものである。
» 続きを読む

魂を揺さぶる、常識破りの発言の数々

善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや【第3章】
(善人でさえ浄土へ生まれることができる、ましてや悪人は、なおさらだ)
» 続きを読む