歎異抄(なぜ、善人よりも悪人なのか)

歎異抄の構成

『歎異抄』は18章からなる。

1章から10章までは、親鸞聖人の直のお言葉を、そのまま記したものとなっている。

11章から18章は、その聖人の教えを依憑として、当時流布していた異説の内容と誤りを、『歎異抄』の著者が正したものである。

最初に「序文」が置かれ、10章のあとには、11章以降の序文がある。

18章の後には「後序」と、親鸞聖人の流刑にまつわる記録が添えられている。

まとめると、以下のようになる。

  1. 序文
  2. 1章~10章(親鸞聖人のお言葉)
  3. 別序(11章以降の序文)
  4. 11章~18章(邪説の批判)
  5. 後序
  6. 流罪にまつわる記録

誤解に満ちた歎異抄

善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや。

善人でさえ、浄土へ生まれることができるのだから、ましてや悪人は、なおさら往生できる)

これは『歎異抄』3章の一節である。日本の古典で、もっとも知られる一文だろう。

続きをみる

魂を揺さぶる、常識破りの発言の数々

善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや【第3章】

(善人でさえ浄土へ生まれることができる、ましてや悪人は、なおさらだ)

続きをみる