歎異抄(なぜ、善人よりも悪人なのか)

善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや【第3章】

(善人でさえ浄土へ生まれることができる、ましてや悪人は、なおさらだ)

万のこと皆もって そらごと・たわごと・真実あることなし【後序】

(この世のことすべては、そらごとであり、たわごとであり、まことは一つもない)

誤解に満ちた歎異抄

善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや。

善人でさえ、浄土へ生まれることができるのだから、ましてや悪人は、なおさら往生できる)

これは『歎異抄』3章の一節である。日本の古典で、もっとも知られる一文だろう。

続きをみる

歎異抄の構成

『歎異抄』は18章からなる。

(1章から10章までは、親鸞聖人の直のお言葉を、そのまま記したものとなっている。

11章から18章は、その聖人の教えを依憑として、当時流布していた異説の内容と誤りを、『歎異抄』の著者が正したものである。

続きをみる