歎異抄を読む

原文

ひそかに愚案を廻らして、ほぼ古今を勘うるに、先師の口伝の真信に異なることを歎き、後学相続の疑惑あることを思うに、幸いに有縁の知識によらずば、いかでか易行の一門に入ることを得んや。まったく自見の覚悟をもって、他力の宗旨を乱ることなかれ。
よって故親鸞聖人の御物語の趣、耳の底に留むる所、いささかこれを註す。ひとえに同心行者の不審を散ぜんがためなり。

意訳

ひそかに愚かな思いを廻らし、親鸞聖人ご在世と、今日をみるに、直に聖人のご教授なされた真実信心と、異なることが説かれているのは、嘆かわしい限りである。
これでは、正しく聖人の教えを学び、お伝えするのに、惑いや疑いが生じはしないかと案じられる。
かかるとき、幸いに善き師に遇わずば、どうして他力易行の信心を獲ることができようか。
決して勝手な判断によって、他力の真義を乱すことがあってはならない。
このような願いから、かつて聖人の仰せになった、耳の底に残る忘れ得ぬお言葉を、わずかながらも記しておきたい。
これひとえに志を同じくする、親鸞学徒の不審を晴らしたいからに外ならない。